PlayingStageWorks.2008.『彼女はレインコートを着て眠る』特設Blog

  『彼女がレインコートを着て眠る』ための方法についてのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 俳優紹介 > 『カノネム』回顧録⑥  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カノネム』回顧録⑥

2008 - 11/11 [Tue] - 15:08

徳岡あつろう さて、この俳優紹介も最終回となります。
 いよいよ、このひと。
 徳岡あつろう(とくおかあつろう)さんです。
 延命聡子さん共に、
 プレイング・ステージには
 第一回作品の『Sheeps』以来、すべての作品に
 出演していただいております。
 
 プレイング・ステージの上演台本を最もおもしろく
 表現してくれる俳優さんです。
 一見、大雑把でいい加減な印象を受けますが、
 実は、誰よりも緻密にお芝居の意図を読み込んで
 くれています。
 実は、誰よりも真剣に努力してくれています。

 そんな徳岡あつろうさんを観て、今回の役が決まりました。

今回は国見亮介という精神科医を演じていただきました。
みんなの中心にいて、誰よりも優しく、誰よりも強く、そして誰よりも固い決意を心に秘めた・・・そんな男を演じていただきました。
「・・・すみません。」
戸高の願いを断り、自分の信念を打ち明けた国見が最期に言うこの台詞が、国見というキャラクターのすべてを表しているようで、僕は大好きでした。

あんまり褒めたくはないのですが??? これまでのプレイング・ステージの作品は、彼によって支えられてきたと言ってもいいのかも知れません。
『グリフト・ショウ』で彼が演じた鼠という詐欺師が使った根津という偽名は、
『神様のレシピ』で彼が演じた根津という男と繋がっているのかも知れません。

そんな風にプレイング・ステージの作品を支え続けていただいている徳岡あつろうさんという俳優は、いま、僕が最も信頼する俳優さんです。

スポンサーサイト

待ってました

毎公演楽しく観させていただいてます。自分で観にいくことの出来なかった作品はDVDで観させてもらいました。プレイングステージさんの作られる舞台は自分にはとても入り込みやすくとても嬉しいです。
私は前々から好きな役者さんではあったのですが、前回作から特に徳岡さんが好きで今回作で中心的な役どころをしてらっしゃったのですごく嬉しかったです。シリアス?なイメージがなかった方なので、今回作で新たな魅力を発見した気分です。
ありがとうございます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanonemu.blog33.fc2.com/tb.php/79-7bf4704e

 | HOME | 

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。