PlayingStageWorks.2008.『彼女はレインコートを着て眠る』特設Blog

  『彼女がレインコートを着て眠る』ための方法についてのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 俳優紹介 > 『カノネム』回顧録③  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カノネム』回顧録③

2008 - 11/02 [Sun] - 23:57

小西聖典 さて、第三回は小西聖典(こにしみのり)さんです。
 プレイング・ステージには、前回公演の
 『Placebo Rain』に続く2作品目の出演となります。

 このブログでも、たくさんの記事を書いていただきまし
 た。

 稽古場でも、いつも元気で明るい俳優さんです。
 スロースターターではありますが、最終的にはしっか
 りと自分のキャラクターを作り上げてきてくれます。
 そんな小西聖典さんを観て、今回の役が決まりまし
 た。

今回は二村小百合という看護士を演じていただきました。
決して目立つ役柄ではありませんが、常にみんなのそばにいて、みんなを勇気付けてくれる・・・そんな役どころを演じていただきました。(実は、誰よりも出番の多い役でした。)
「がんばってください!」
一見、何気ない言葉ですが、の心療内科二課を出て行く人たちは、みんなこの言葉によって元気になっていきます。口では「他人事ー」と、ツッコんだりしていますが、みんながこの言葉で前を向いていく姿が僕は大好きでした。

実は前回の作品、『Placebo Rain』で彼女が演じた楳村瑞樹という女と筒井紘二さん演じる阿川悠輔という男は、新薬を開発し、その記録データを持って逃走中といった設定でした。
これも微妙ではありますが、少なからずこの『カノネム』とつながりを持っているのかも知れません。

前作から引き続き出演していただいている小西聖典さんという俳優は、いつかプレイング・ステージを背負って立って・・・くれるかも知れない、とてもキュートな俳優さんです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanonemu.blog33.fc2.com/tb.php/76-f41078a9

 | HOME | 

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。